×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

江戸切子

江戸切子とは、江戸時代発祥のカットグラス技法。厚いガラスを重ね、磨きだす工程を経て美しい模様を表現している。代表的な文様は10種類。昭和60年には東京都の伝統工芸産業に指定、平成14年には国の伝統的工芸品にも指定された伝統工芸品です。自分用にもプレゼントギフト用にも喜ばれる一品が揃っています。

伝統工芸 江戸切子 彩鳳/剣矢来重文様 ミニ オールド 〈ルリ〉 単品〈日本製〉

鳥の巣箱でレビューをみる

伝統工芸 江戸切子剣矢来重文様 ミニ オールド〈ルリ〉寸法:φ72×H74mm/185ml化粧箱入りMADE IN JAPAN〈日本製〉※木箱、化粧箱のイメージ江戸切子 彩鳳江戸切子は、江戸期の優れた硝子工芸品として我が国に現存する貴重な江戸時代の伝統工芸品の製作技法です。 硝子工房彩鳳の作品は、江戸伝来の技術を継承し、熟達した切子工芸士が様々な伝統文様を基本に工房独自のデザインで切子しています。彩鳳では、見るたびに嬉しくなり、使うたびに豊かな気分になるような手作りならではの逸品、現代の江戸切子を作り出しています。商品は種類により木箱又は化粧箱に入っています各種お祝い事や記念の贈り物としても大変よろこばれます。
楽天ウェブサービスセンター